医療福祉の労務情報
医療福祉の労務情報
文書作成日:2024/02/29
人事労務Q&A 〜36協定を超える残業を行ったときの対応〜

今回は、職員に36協定を超える残業があった医院からのご相談です。

Q
今月の相談内容

 残業の多い職員が1名います。早く帰るように促してはいるものの、先月は48時間の残業になってしまいました。
 当院の36協定は1ヶ月当たり45時間としているため、36協定違反の状態にあると思います。
 協定で定めた時間数を超えてしまったことについて、労働基準監督署に届け出が必要なのでしょうか。

A-1
ワンポイントアドバイス

 36協定で定めた時間数を超える残業があったとしても、労働基準監督署に届け出をする必要はありません。
 ただし、労働基準法違反であるため、早急に残業の削減策を検討の上、実施するとともに、特別条項を加えることも検討しましょう。

A-2
詳細解説
1.36協定の締結と届け出

 労働基準法では、原則として1日8時間、1週間40時間を超えて働かせてはならないと規定しています(法定労働時間)。法定労働時間を超えて働かせるときは、あらかじめ時間外・休日労働に関する協定(36協定)を締結し、事業所を管轄する労働基準監督署に届け出する必要があります。

2.36協定を超えた労働

 36協定では、1日、1ヶ月および1年について、法定労働時間を超えて延長できる時間数(以下、延長時間数)を定める必要があります。
 原則の労働時間制度を採用している医院では、1ヶ月当たりの延長時間数の上限は45時間であり、1年当たりの延長時間数の上限は360時間です。

 そのため、36協定では原則として、この時間数以内の時間数で締結し、日々、残業の時間数を管理する必要があります。その際、万が一、実際の残業の時間数が、締結した延長時間数を超えたとしても、労働基準監督署に届け出や報告をする必要はありません。
 ただし、労働基準法に違反しているため、労働基準監督署の調査が実施されたときには、是正勧告が行われる可能性が高い状況となります。

3.是正すべき事項

 1ヶ月当たり45時間を超えるような残業は可能な限り避ける必要があり、より一層、残業を減らす取組が求められます。また、1年間の残業時間数が、延長時間数に迫っている可能性もあります。

 一方で、今後も1ヶ月当たり45時間を超えるような残業が見込まれるときは、36協定に特別条項を加え、万が一、45時間を超えたとしても、労働基準法の違反とならないようにすることも必要になってくるでしょう。
 特別条項の設定や運用に関しては、多くの留意点があるため、厚生労働省が公開するリーフレット等を参考に、適正に進めることが求められます。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


お問合せ/相談フォーム
広島社会保険労務士経営労務情報センター
(運営:アーチ広島社会保険労務士法人)

〒730-0012
広島市中区上八丁堀4番1号
アーバンビューグランドタワー10F
TEL:082-222-8801
FAX:082-222-8802


お問い合わせ


アーチ広島社会保険労務士法人
遠地経営労務法務事務所

アーチ広島社会保険労務士法人


株式会社経営労務ブレイン
株式会社経営労務ブレイン




書式オンライン販売
書式集




 
 

経営労務情報


小冊子



 
経営・労務に役立つ
小冊子を無料進呈
(広島県に本社を有する医療機関、福祉施設、介護施設様毎月10施設限定)


社会保険労務士
個人情報保護事務所認証


個人情報保護認証

アーチ広島社会保険労務士
法人は、社会保険労務士個
人情報保護事務所の認証
(SRP認証)を受けています。

SRP認証は、社会保険労務
士事務所の個人情報を取り
扱う上での「信用・信頼」の
証です。当事務所は個人
情報保護事務所認証に
のっとり、個人情報を厳重に
取り扱います


アーチ広島社会保険労務士法人facebook



アーチ広島社会保険労務士法人ブログ



両立

アーチ広島社会保険労務士法人は、広島県の次世代育成支援策の一つである「仕事と家庭の両立支援企業登録制度」、「男性育児休業等促進宣言登録制度」の登録企業・事務所として、広島県より登録証を交付されています詳しくはこちらへ